食の安心ナビシステム 

 

食の安心ナビシステム > 検査の流れ

検査の流れ

ここでは、食品の検査を行うにあたってどのような工程を経て、検査結果が得られているのかを代表的な検査の「農薬分析」での検査工程の例をもとに説明します。

農薬分析工程について

1)検体粉砕および均質化

化学分析用ミキサーを用いて検体を粉砕し、均質化する。

2)検体の秤量

精密天秤を用いて検体を正確に量る。

3)水分除去

野菜(食品)中の水分を除去するために水分除去剤を添加する。

4)農薬成分の抽出

超臨界流体抽出装置を用いて、農薬成分を抽出する。

超臨界流体抽出装置
超臨界流体(液体と気体の両方の性質をもつ状態)の溶解力を利用して有効物質の抽出を行う装置。

5)抽出液の濃縮

農薬成分抽出後の抽出液は、次の精製工程のために濃縮を行う。

6)抽出液の精製

農薬成分以外を除去するために、抽出液の精製を行う。

7)精製液の濃縮

精製された液をさらに濃縮する。

8)農薬分析

抽出、精製した検体をGC/MS(ガスクロマトグラフ質量分析装置)を用いて一斉分析する。

GC/MS(ガスクロマトグラフ質量分析装置)
(食品中に残留する)極微量成分を高精度で測定することができる装置

9)データ解析

各農薬成分の検量線から残留量を定量する。
定量後のデータとポジティブリスト基準値とを照合し、報告書を作成・発行する。

 

ページの先頭へ

「食の安心ナビシステム」HOMEへ